足羽山と周辺エリアのポータルサイト足羽山へ行こう

施設

愛宕坂茶道美術館

茶道美術館03.jpeg

 

茶道美術館01.JPG

茶道関係の資料を集めた常設展のほか、春の特別展では和の文化にまつわる展示を行い好評となっている

茶道を通して福井市の歴史や文化に触れる

愛宕坂は、足羽山にあった愛宕大権現社への参道として知られ、古くは料亭や茶屋が軒を連ねるなど栄えた場所でもありました。現在は自然豊かな風情ある階段坂として市民に親しまれており、由緒あるこの場所に茶道美術館と橘曙覧記念文学館を置くことで、歴史文化ゾーンとしてのさらなる発展を遂げています。

1階の常設展示室では、略年表による茶道史の概説、一乗谷朝倉氏遺跡にみられる茶の湯文化や福井藩主松平家の茶道に関する資料を展示。2階の企画展示室では、茶道具の優品の数々を見ることができます。

 

茶道美術館06.JPG

茶室には内腰掛や外腰掛、寄付なども完備されており本格的な茶会を開催することができる

小間の茶室「尚庵」で茶道体験

茶道美術館から庭園を挟んだ離れには、風情ある佇まいの小間の茶室「尚庵」があります。茶室は一般に貸し出しており、個人のお茶会や、学校の茶道体験学習などに利用可能で茶道具(風炉・釜・水指・建水・柄杓など)は無料でお使いいただけます。また、愛宕坂茶道友の会が主催するお茶会が毎月開かれており、一般の方のご参加も可能です。

 

茶道美術館05.JPG

愛宕坂の歴史を感じながらいただくお抹茶は格別一服200

庭園を眺めながらお抹茶で一服

茶道美術館内のロビーでは、美しい庭園や茶室を眺めながら抹茶と干菓子を味わうこともできます。茶道の文化に触れ、歴史に想いを馳せながら、ゆっくりとしたひと時を過ごしてください。

 また、お子さまにも大人にもご参加いただけるお抹茶体験を随時行なっています。茶道を嗜む方だけでなく、足羽山の散策に来られた方にも気軽に立ち寄っていただきたい美術館です。

 
  • 住所:福井市足羽1丁目8−5
    開館時間:9:00~17:15(入館は16:45まで)
    休館日:年末年始(12/28~1/4)、展示替え等による臨時休館日
    観覧料:個人 100円 団体割引あり(20人以上)※中学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方は無料
    無料開放日:家庭の日(毎月第3日曜日)、文化の日(11月3日)、関西文化の日(11月中旬予定)、ふるさとの日(2月7日)
    アクセス:コミュニティバスすまいる照手・足羽方面愛宕坂下車 徒歩約1分
    京福バス70系統運動公園線(道守高校先回り、福井駅前7番乗り場発)久保町下車 徒歩約2分
    京福バス74系統清水グリーンライン(福井駅前8番乗り場発)久保町下車 徒歩約2分
    電話:0776-33-3933
    URL:http://www.fukui-rekimachi.jp/atagozaka/index.html

     


足羽山と周辺エリアのポータルサイト

お問い合わせ : 福井市 商工労働部 おもてなし観光推進課 TEL.0776-20-5346

COPYRIGHT ©2017 Fukui City All Rights Reserved.